QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州債務国の国際入札、償還続く

2010_0516_184227.jpg2010_0516_184242.jpg

ユーロ円日足、先週末は陰線で引けました。
RCI9は上向き、RCI26,52は下向きです。RCIでは、下落がやや強い形です。RCI9が上を向いているのにも関わらず、価格が下落していることから、RCI9が反転するのに時間は必要なさそうです。ここで、再びRCI9が下向きになると、強い下落の形に成り、直近安値である110.50付近を目指す形に成りそうです。ストキャスがデッドクロスしたことも下落を支持してくれそうです。しかし、RCI26が-80ライン、RCI52が0ラインに到達したことから、反発にも注意していきたいですね。慎重にトレードして行こうと思います。

4時間足では、RCIは-80ラインで三本集合の状態です。
反発が強まりそうな形ですが、長い時間下に張り付いています。ローソク足で見折ると、やや、クライマックスの形が見えていて、陰線の陰線はらみとなっていることから、反発も予想されますね。しかし、ボリンジャーバンドがエクスパンションの状態であることを忘れることはできません。朝一の窓の状態なども含めて、注視して行こうと思います。

ドル円日足、先週末は序下にひげのある陰線で引けました。
RCI9は上向き、RCI26,52は下向きです。RCIでは、やや下落が強そうです。RCI9は上向きですが、価格が切り下がっていることから、RCI9が反転しそうですね。RCI9が下向きになると、RCIが全て下向きとなって、強い下落の形になります。しかし、価格がEMA200,100,一目雲の下限と抵抗線が集まっているところに差し掛かっていることから、少し下げ渋るかもしれませんね。ここの攻防には、十分に注意して行こうと思います。

4時間足では、RCI9は横向き、RCI26は下向き、RCI52は上向きです。RCIでは、やや下落が強そうですが、価格が半初してきています。MACD,ストキャス共に下向きがしっかりの状態なので、もう少し下落してもおかしくない形です。また、ボリンジャーバンドのエクスパンションが、始まったばかりということも下落を支持してくれそうです。ただ、RCI9,ストキャスの下に余裕が少ないことが気になります。慎重に見ていこうと思います。

今週は、欧州の債務国の入札や償還が注目されそうですね。水曜日にギリシャ債、木曜日にポルトガル債 スペイン債
金曜日もポルトガル債と償還が続き、木曜日にスペイン債の入札があります。このタイミングで、ドイツ債とのスプレッドの拡大によるユーロの下落が考えられるかもしれません。十分に注視して行きたいと思います。

今週も始まりました。今日もがんばっていきましょう
スポンサーサイト

追記UPしました。

MT4の便利な使い方 5

フィボナッチリトレースメントに価格を表示させる編
追記をUPしました。よろしかったら見てみてくださいね(^^)v

ボリュームを使った決済、逆張りの手法

2009_0906_092112.jpg
今日は、『ボリューム』を使った、決済と逆張りの方法です。
ここで表示しているボリュームは、青線が前のボリュームより大きい事
を表し、赤線が前のボリュームより小さい事を表しています。
上の図は、2009.9/4の雇用統計発表時のものです。

①ですが、指標が弱く大きく下げてきました。
しかし、ボリュームを見てください。水色の線の下のボリュームは
前の足のボリュームを下回っているのに、新安値をつけています。
この場合、決済を考えてもいいところですね。また、同時に逆張りを
仕掛ける、絶好のチャンスです。

②ですが、ここは分かりやすい所です。新高値をつけたところですが
ボリュームは下がっています。RCI9も上についているので、決済と
逆張りを仕掛ける、絶好のチャンスです。

③ここは、決済、逆張りを仕掛けるには不十分な状況です。
ボリュームが大きくなると、反転し易いことが見て取れると思います。
しかし、次の足がこの足のボリュームを、超えない保障がありません。

④ここも、新安値をつけた大きな値幅の足です。ここも、ボリュームが
下がっている事が確認できます。反発している値幅が小さく見えます
が、チャートの右側の価格の幅を見ると、一コマが20銭もあるので
十分に利益が取れることが分かると思います。

まとめると、ボリュームの増加していない所で、新高値、新安値を
つけた場合は、決済、逆張りのチャンス。

今回は、1分足で説明しましたが、5分、15分などでも有効です。
また、ボリューム単体で判断するのではなく、他のインジケータと
組み合わせることによって、精度が増すことも付け加えておきます。

参考にしてもらえると幸いです。
明日からもがんばっていきましょう

BBJ流RCIの使い方 part6

2009_0801_124426.jpg2009_0809_083858.jpg2009_0809_083954.jpg
      ①           ②           ③
BBJ流RCIの使い方第6弾です。
今日は、特徴的な形を紹介します。
まず、図①ですが、RCI9にトレンドラインが引けるパターンです。
あまりいい所ではありませんが、トレンドラインを上抜ける所で
RCI26の上昇も見て取れると思います。
仕掛けやすい所だと思います。

次に図②ですが、RCI9がRCI52に跳ね返されました。
図③も同じですね。こういう事は、結構目にすることが多いと
思います。また、強い動きになりやすい所でもあります。
狙っていきたいところですね。

このように、RCIを考えるに当たって、RCI9を価格の現在地
RCI26を上昇なら+2σ(シグマ)、下落なら-2σ(シグマ)
RCI52をボリンジャーミドルバンドとして捉えると、イメージ
しやすいのではないでしょうか。

RCI全てが同じ方向を向くと、強い動きをしやすいのですが
気をつけて欲しい点として、RCI52の向きとボリンジャーミドル
バンドの向きの一致を、特に注意して欲しいですね。
また、5分、1分のRCI52の向きの一致、ボリンジャーミドル
バンドの向きの一致は、強気に攻めたいところですね。

このように、少し考え方を付け足すだけで見やすくなります。
自分流に、使いやすく整理していくことをオススメします。

お盆休みに入り、東京時間が閑散としそうですが、来週も
がんばっていきましょう

BBJ流RCIの使い方 part5

2009_0726_081216.jpg2009_0726_080555.jpg
BBJ流RCIの使い方、今日は第5弾です。
今日のRCIの使い方は、RCIを使いこなすために必要な予備知識
です。まず、左側の図を見てください。
赤い縦線が2本入っています。左側の赤い線は、RCI26の上向きが
確定した足で、右側の赤い線はRCI26の下向きが確定した足です。
少し見にくいと思いますが、それぞれの始まり値を見ると、ほとんど
同じくらいの値になりますね。
つまり、RCI26が-80ラインから+80ラインまで、到達できないで反転
した場合、RCI26の上昇が確認できた足の始まり値付近まで、値を
戻した場合、RCIの折れる確率が高くなります。

次に、左側の図を見てください。
こちらも、赤い線が2本入っています。もうお分かりと思いますが
RCI52の上向き確定足とRCI52が下向きに折れた足を表しています。
こちらも同じですね。RCI52の上昇確定足の始まり値と、下向き確定
足の始まり値は、同じくらいの値になることが多いです。

実際、この知識はトレードで利益を上げることには、繋がりにくいですが
損切りを分かりやすく教えてくれるものですね。
また、大きい時間足で方向性を見る場合にも有効です。
一つ難点をあげるとすると、これはRCIだけでなくオシレータ全般に
言える事ですが、レンジは役に立ちにくいことがあげられます。
その場合は、少し大き目の時間足で方向性を確認する事が大事です。

今日、図を載せた所は、きちんと動いて(トレンドがでて)いるので
非常に掴みやすいと思います。

次回も、このようなケーススタディをUPします。
参考になってくれることを願っています(^^)v


プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。