QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく週足分析

2012_0728_060419.jpg
ユーロ円週足分析です。
ユーロ円週足、先週は上下に髭のある陽線で引けました。RCI9,26は下向き、RCI52は横向きです。RCIでは、やや下落の強まりそうな形です。RCI26が-80ラインに到達していないことを考えると、下値模索が継続しても不思議はありません。価格の推移で見ても、前々回安値、直近安値の付近に位置していることから、ここでの攻防が次の方向性を打ち出しそうです。直近下落分のフィボナッチエクスパンション61.8%に未達であることも、下値模索が継続しても不思議のない要因です。しかし、RCI9の下に余裕がなく、陽線がついてきたことを考えると、反発にも注意したいところです。ストキャスのゴールデンクロスが完成するようだと、ダイバージェンスの形になることも、反発に注意したい要因です。慎重にトレードしていこうと思います。

2012_0728_060321.jpg
ドル円週足分析です。
ドル円週足、先週は下髭の長い陽線で引けました。RCI9,52は横向き、RCI26は下向きです。RCIでは、非常に悩ましい形です。RCI9が下向きから横向きになったことで、やや反発が優勢に見えますが、RCI26がしっかり下向きになっていることを考えると、非常に悩ましいところです。MACDでみても、デッドクロスは維持しているものの、弱気のデッドクロスが続いていることから、弱気ながら下値模索にも注意したいところです。ストキャスのデッドクロスが確認できることも、下落に注意したい要因です。しかし、ローソク足ででみると下髭が長い陽線となっていて、直近安値から見ると切り上りになることから、反発にも注意したいところです。一目雲の下限付近で反発していることも、反発しやすい形と言えそうです。注意深く見ていこうと思います。

2012_0728_060310.jpg
ユーロドル週足分析です。
ユーロドル週足、先週は陽線で引けました。RCI9は下向き、RCI26,52は横向きです。RCIでは、やや下落の強い形です。RCI9が-80ラインに到達していないことを考えると、RCIでは下落が優勢に見えます。MACD,ストキャスのデッドクロスが継続していることも、反落に注意したい要因です。EMA100,200のデッドクロスが鮮明になってきたことも、下落しやすい要因です。しかし、ローソク足でみると、先々週陰線の陽線かぶりとなっていて、やや強い反発を示唆していることから、反発にも注意したいところです。また、直近下落分のフィボナッチエクスパンション61.8%で反発していることも、反発に注意したい要因です。そしてMACDのゴールデンクロスが完成した場合、ダイバージェンスの形になることも忘れることができません。慎重に監視していこうと思います。

先週は、ドラギECB総裁の『ユーロを守るためには何でも行う』という発言をきっかけにして、ユーロの買戻しが進みました。この流れが続くのか慎重に見極めたいところです。来週の経済指標は、米雇用統計、ECB政策金利あたりが注目されてきそうですね。特にECB政策金利の予想は据え置きとなっているものの、利下げがないとは言い切れないことから、十分に注意したいところです。慎重に対応していこうと思います。

では、よい週末を
ポチっとお願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。