QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく週足分析

2013_1026_203135.jpg
ユーロ円週足分析です。
ユーロ円週足、先週は上髭のある陽線で引けました。RCI9,26は上向き、RCI52は横向きです。RCIでは、やや上昇が優勢に見えます。RCI26が0ラインに到達しないで反転していることから、再び+80ラインに到達するまで上昇の継続しやすい形といえそうです。価格の推移でみても、直近高値を更新していることから、上昇にとって好感できます。価格がバンドウォークに移行しかけていることも、上昇を支持してくれそうです。また、EMA100,200のゴールデンクロスが近いことも、上昇が継続しそうに見える要因です。しかし、ローソク足でみると、上髭を出していることから、反落にも注意したいところです。また、ストキャスの過熱感が高く、MACDがデッドクロスを維持していることも、反落に注意したい要因です。慎重にトレードしていこうと思います。

2013_1026_203126.jpg
ドル円週足分析です。
ドル円週足、先週は上下に髭のある陰線で引けました。RCIはすべて下向きで、やや強い下落の形です。RCI9の下にわずかに余裕があることから、下落が継続しそうに見えますが、価格が持合い気味でRCI26が方向感のない動きをしていることから、強い下落とは言えない形でもあります。価格の推移でみても、ボリンジャーミドルバンドの下で推移していることから、下落にとって好感できます。MACDがデッドクロスを維持していることも、下落を支持してくれそうです。しかし、三角持合いが鮮明になっていることから、反発にも注意したいところです。ローソク足が寄り引き同時線に近い陰線となっていることも、反発に注意したい要因です。三角持合いのブレイクに注目したいですね。注意深く見ていこうと思います。

2013_1026_203117.jpg
ユーロドル週足分析です。
ユーロドル週足、先週は陽線で引けました。RCI9,52は上向き、RCI26は横向きです。RCIでは、やや上昇が強まりそうな形です。RCI9の上に余裕が少ないものの、RCI52とボリンジャーミドルバンドの向きが同じで+80ラインに近いことから、RCI52が+80ラインに到達するまで上昇の継続しやすい形に見えます。価格の推移でみても、ボリンジャーバンドの+2シグマに沿って上昇するバンドウォークの形になっていることから、上昇にとって好感できます。MACDが強気のゴールデンクロスとなっていることも、上昇を支持してくれそうです。しかし、ストキャスの過熱感が高いことから、反落にも注意したいところです。また、フィボナッチリトレースメント31.8%戻しを達成したことも、反落に注意したい要因です。慎重に監視していこうと思います。

先週は米雇用統計の内容が弱かったことを受けて、年内QEの縮小が遠のいたためにドル売りが優勢となりました。ただ、NYダウが堅調だったことから、ドル円の下落が最小限で済んだ感じを受けます。来週の経済指標では、米FOMC政策金利、小売売上高が注目されてきそうですね。材料には事欠かない週になりそうなことから、期待できそうですね。慎重に対応していこうと思います。

では、よい週末を
ポチっとお願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。