QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく週足分析

2013_1102_213157.jpg
ユーロ円週足分析です。
ユーロ円週足、先週は陰線で引けました。RCI9は下向き、RCI26は上向き、RCI52は横向きです。RCIでは、やや弱気の下落の形です。RCI26が+80ラインに到達していないものの、RCI9が下向きになったことから、弱気の下落の形です。ローソク足でみても、先々週陽線の陰線かぶりとなっていて、やや強い下落を示唆していることも、下落にとって好感できます。MACDがデッドクロスを維持していることも、下落を支持してくれそうです。また、ボリュームの増加を伴った下落となっていることも、下落が継続しそうに見える要因です。しかし、ストキャスが過熱感が高いものの、ゴールデンクロスを維持していることから、反発にも注意したいところです。一目雲の上限が切りあがっていることも、反発に注意したい要因です。慎重にトレードしていこうと思います。

2013_1102_213146.jpg
ドル円週足分析です。
ドル円週足、先週は陽線で引けました。RCI9は横向き、RCI26は上向きm、RCI52は下向きです。RCIでは、少し上昇が強まりそうに見えます。RCI9が下向きから横向きになり、RCI26の上向きが確認できることから、上昇が優勢に見えます。価格の推移でみても、ボリンジャーミドルバンドを上抜いて引けたことから、上昇にとって好感できます。一目雲の上限が切りあがっていることも、上昇を支持してくれそうです。また、ボリュームの増加を伴った上昇となっていることも、上昇が継続しそうに見える要因です。しかし、三角持合いの継続が確認できる形でもあることから、反落にも注意したいところです。ストキャスの方向感のなさも、反落に注意したい要因です。注意深く見ていこうと思います。

2013_1102_213136.jpg
ユーロドル週足分析です。
ユーロドル週足、先週は大陰線で引けました。RCI9は下向き、RCI26は横向き、RCI52は上向きです。RCIでは、非常に悩ましい形です。RCI9の下向きが確認できるものの、RCI52とボリンジャーミドルバンドの向きが同じことから、悩ましいところです。価格の推移でみると、大陰線で引けたものの、前回抵抗線でもあるフィボナッチリトレースメント50%戻しのラインで引けたことも、悩ましい要因です。ボリュームの増加を伴った下落であることから、下落にとって好感できます。価格の下に余裕があることも、下落を支持してくれそうです。しかし、大きな抵抗線で反発していることから、反発にも注意したいところです。EMA100の上向きが確認できることも、反発に注意したい要因です。慎重に監視していこうと思います。

来週明けから米国が冬時間に変更ですね。特にロールオーバーの時間が変わることに注意したいですね。経済指標では、米雇用統計、GDPが注目されてきそうです。また、米主要企業の決算発表も継続していることから、株価動向に影響を与えやすことから、NYダウの動きにも注目したいところです。慎重に対応していこうと思います。

では、よい週末を
ポチっとお願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。