QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく週足分析

2013_1207_214235.jpg
ユーロ円週足分析です。
ユーロ円週足、先週は陽線で引けました。RCIはすべて横向きで、少し悩ましい形です。RCIが+80ライン付近で三本集合の形になっていることから、悩ましい形といえそうです。ボリンジャーバンドのエクスパンションが確認できることから、上昇にとって好感できます。MACDが0ラインの上で強気のゴールデンクロスを維持していることも、上昇を支持してくれそうです。また、ボリュームの増加を伴った上昇となっていることも、上昇が継続しそうに見える要因です。しかし、価格がフィボナッチリトレースメント61.8%戻しを達成したことから、反落にも注意したいところです。4週連続の陽線で引けたことも、反落に注意したい要因です。慎重にトレードしていこうと思います。

2013_1207_214221.jpg
ドル円週足分析です。
ドル円週足、先週は下髭のある陽線で引けました。RCI9,26は上向き、RCI52は横向きです。RCIでは、やや上昇が強まりそうに見えます。RCI26の上向きがやや鈍くなったものの、価格の上昇がしっかりしていることから、上昇が優勢に見えます。価格の推移でみても、バンドウォークの形を維持していることから、上昇にとって好感できます。一目雲の上限が切りあがっていることも、上昇を支持してくれそうです。また、前回さ高値である103.72円が射程圏内であることも、上昇が継続しそうに見える要因です。しかし、ストキャスの過熱感の高さを見ると、反落にも注意したいところです。直近高値の攻防に注目したいところですね。注意深く見ていこうと思います。

2013_1207_214209.jpg
ユーロドル週足分析です。
ユーロドル週足、先週は陽線で引けました。RCI9は上向き、RCI26,52は横向きです。RCIでは、やや上昇が強まりそうに見えます。RCI9,26が横向きで影響力がないものの、RCI9の斑点が確認できることから、上昇が優勢に見えます。価格の推移でみても、上昇トレンドの確認ができることから、上昇にとって好感できます。ストキャスのゴールデンクロスが確認できることも、上昇を支持してくれそうです。また、フィボナッチリトレースメント61.8%戻しが再び射程圏内に入ったことも、上昇が継続しそうに見える要因です。しかし、MACDがデッドクロスを維持していることから、反落にも注意したいところです。慎重に対応していこうと思います。

先週末の米雇用統計は強い内容となったことから、ドル買い円売りの流れになりました。失業率が7.0%とFRBがQEの縮小を示唆したレベルになったことも、期待感からドル買いになったように感じます。また、強い雇用の証明である非農業部門雇用者数変化も、+20万人を超えたことから、かなりの好感を得ているようですね。週明けの動きにも期待感がかなり強く残りそうに見えます。慎重に対応していこうと思います。

では、よい週末を
ポチっとお願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。