QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく週足分析

2014_0726_202812.jpg
ユーロ円週足分析です。
ユーロ円週足、先週は小さい陰線で引けました。RCI9は横向き、RCI26,52は下向きです。RCIでは、やや下落が強まりそうな形です。RCI26が横向きから再び下向きになったことから、RCI26が-80ラインに到達するまで下落の継続しやすい形といえそうです。価格の推移でみると、三週連続安値更新となっていることから、下落にとって好感できます。ストキャス、MACDがデッドクロスを維持していることも、下落を支持してくれそうです。また、緩やかではあるもののボリンジャーバンドの-2シグマに沿って動くバンドウォークの形が継続していることも、下落が継続しそうに見える要因です。しかし、価格が今年最安値付近まで下落していることから、反発にも注意したいところです。完全な三角持合いのブレイクに至っていないことも、反発に注意したい要因です。慎重にトレードしていこうと思います。

2014_0726_202806_201407262039218d6.jpg
ドル円週足分析です。
ドル円週足、先週は陽線で引けました。RCI9,26は横向き、RCI52は下向きです。RCIでは、少し悩ましい形です。RCI9が反転の兆しを見せているものの、RCI52が下向きを維持しているもののボリンジャーミドルバンドと向きが異なっていることと、レンジ相場の継続と見ることができることから、悩ましい形といえそうです。ローソク足でみると、三週前陽線の後の寄り引き同時線となって、その後反発していることから、上昇にとって好感できます。一目雲の上限が切りあがっていることも、上昇を支持してくれそうです。しかし、価格がボリンジャーミドルバンド、一目雲の上限付近で引けたことから、反落にも注意したいところです。また、レンジ相場の継続と見ることができることも、反落に注意したい要因です。注意深く見ていこうと思います。

2014_0726_202759_20140726203913568.jpg
ユーロドル週足分析です。
ユーロドル週足、先週は陰線で引けました。RCIはすべて下向きで、やや強い下落の形です。RCI9の下向きが確認でき、RCI52とボリンジャーミドルバンドの向きが同じことから、下落の継続しやすい形といえそうです。フィボナッチエクスパンションでみると、61.8%のターゲットが136.995付近となり未達であることから、下落にとって好感できます。ストキャス、MACDがデッドクロスを維持していることも、下落を支持してくれそうです。また、価格が直近安値をした抜いて引けたことも、下落が継続しそうに見える要因です。しかし、価格がEMA200を試して反発していることから、反発にも注意したいところです。慎重に監視していこうと思います。

来週の経済指標では、米FOMC議事録、雇用統計、GDPQ2などが注目されてきそうです。ただ、ウクライナの地政学的リスクをはじめ、イスラエルのガザ侵攻など不確定要素が多いのも事実なので、NYダウなどの動きにも注意したいところです。材料が多い週ですが、素直に動くのかに注目したいところです。

では、よい週末を
ポチっとお願いします!!
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

BBJ

Author:BBJ
スキャルピング大好き中年です。
生息地 札幌
座右の銘はチャートは嘘をつかない。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
らんきんぐ
ポチッとおねがいします(^^) にほんブログ村 為替ブログへ
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンクは大歓迎です!!
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カブトモリンク
カブトモ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
フリーエリア
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。